飽きられないLINEスタンプを作りたい方へのアドバイス

LINEスタンプをオリジナルで作るのであれば、買ってくれた人に長く使ってもらいたいと誰もが思うものではないでしょうか?
しかし、実際のところは、販売だけでも難易度が高いのに、長く使ってもらうことはより難しいのが現実です。
しかし、予め長くつかってもらうことを意識して、この記事を参考にスタンプを作成すれば、長くつかってもらえ、その上売上を継続的にあげることが可能になります。
そのための秘策をご紹介します。

流行言葉はなるべく避ける
たとえば、以前流行した「倍返しだ!」などの言葉は、一時的にヒットはしたものの、既に世間からは忘れられており、当然そのような言葉のスタンプを使用する人はほとんどいません。そして、使ってもらえなくなったということは、他の人に購入してもらうチャンスもなくなっているということです。
なので、流行言葉はスタンプ内で使わないのがよいのです。
※一時的なヒットは狙うことができます。

感情によった訴求をつかう
LINEスタンプを使う多くの理由は、文章よりも完結に、そして時には文章以上に感情を伝えることができる点です。なので、スタンプはなるべく感情を表現できるものにしましょう。現在販売されているスタンプを見ると、実は文字だらけの感情以外の訴求を中心にしたものが多くあり、それらがランキングに入っていないことが分かるはずです。

以上を気を付ければ長く使ってもらえるスタンプが今日から作ることができます。

LINEスタンプの作成を代行を依頼するデメリットとメリット

急拡大を続ける、LINEの収益を多くをになうLINEスタンプ。スタンプのマーケットが一般に開放されたことで、デザイン会社にLINEスタンプを作成するための依頼などが増えているといいます。
しかし、気を付けないと大きな損をすることになりかねないのです。今回はそんなLINEスタンプの作成を依頼する際に把握しておきたい、メリットとデメリットをご紹介します。

LINEスタンプ 作成代行依頼のデメリット

LINEスタンプを作成代行に依頼する際のデメリットはなんといっても、あくまでデザイン会社はLINEスタンプを納品している訳ではなく、デザインを納品しているという事実です。
たとえば、デザイン会社にスタンプ作成の見積もりをとってみると分かるのですが、デザインにかかる工数によって費用が見積もられています。
なので、たとえば作成された作品の納品にOKを出した後にスタンプが審査に通らなくても、業者には一切関係なく、依頼者に損失だけが出てしまうのです。

LINEスタンプ作成代行依頼のメリット
依頼のメリットは単純にデザインをプロのクオリティでしあげてもらうことです。素人では出来ないクオリティで仕上げてくれるので、それだけ売れやすくなることは間違いありません。
そして、一部の業者に限るのですが、もう一つのメリットとしては審査に通過しやすいデザインをしてくれるところです。
lINEスタンプの審査は非常に厳しいので、審査に通過しやすいデザインを作ってくれるのは非常にメリットです。
さらに、スタンプファクトリーなどは審査通過保障などもあるので、依頼するならそのような業者がよいかもしれません。

注目のビジネス、LINEスタンプが売れなくなったって本当?

日本人であれば、誰でも知っているであろうコミュニケーションツールのLINE。その収益源であるLINEスタンプが売れなくなっているという噂があります。果たしてそれは本当なのでしょうか?

売れなくなったと言われるゆえんとは
LINEスタンプが売れなくなったと言われる理由は単純で、競合が多くなったためです。LINEスタンプは近年でも非常に注目されているビジネスです。そして、新規参入のハードルも非常に低いので、多くの人がマーケットに参入してきます。
そのため、競合が増えて多くの販売者がうれなくなったと感じているのです。
実際には、トップクラスの販売社は億単位でLINEスタンプを売っているのが現実です。

では、売るためにはどうすれば良いのか
競合が売れなくなる中で自分のスタンプを売るためにはどうすれば良いのか。その答えは単純で、独自の販売ルートを持つことです。
現在の公式のLINEの販売ルートは公式マーケットのみで、ここに数千という数のスタンプが入っています。これだけの数があると、あなたのスタンプにたどりつくまでには非常に長い時間がかかります。
なので、あなたのスタンプを知ってもらうための販路を別に開く必要があります。
例えば、SNSなどで宣伝するのもよいでしょう。
SNSをつかって宣伝すれば顧客に直接、「あなただけのスタンプ」を紹介することができます。
このように、頭をつかって販売すれば、実はLINEスタンプは売れるのです。

絶対に気をつけたい、LINEスタンプ作成の際の著作権問題

LINEスタンプを作成する際に絶対に気を付けなければいけないのが、著作権の問題です。著作権を侵害してしまうと、軽い気持ちでつくったスタンプが多くの損害賠償をうんだりもしてしまう危険性があります。では、そうすれば良いのでしょうか?

まずは、感性の起源を理解しよう
人間の感性は今までに接してきたものによって構成されています。そのため、自分のオリジナルだと思った作品なども、昔みた作品などに影響されていることが多いのです。プロではあまり起きないことですが、素人はこのような事実をあまり理解していないので、気づかぬうちに盗作をしてしまうことも少なくありません。
しかし、悪気はなくても犯罪は犯罪なので、まずは自分のオリジナルが果たしてオリジナルなのかを常に疑うようにしましょう。

対策はとにかく第三者の目線でみてもらうこと
自らの感覚では、著作権を侵害している認識がなくとも、実際に著作権を犯している危険性があるのであれば、対策としては、第三者の目線を入れるしかありません。
たとえば、SNSなどをつかって、友人などに作品をみてもらうのも一つの手です。岡目八目という言葉あるように、第三者は客観的に物事をみやすいので、自分の作品が何かで似ていないかを判断してもらいやすくなります。
友人が少ない人におすすめなのは、Googleの画像検索です。Googleには数えきれない膨大な画像数が登録されているので、自分の作品で検索をしてみて、似ている画像がないかを検索結果でみてみることで客観的な視点をもつことができます。

友人ともめないためのLINEスタンプ活用法

近年では、LINEをつかったいじめや、LINEをきっかけとしたトラブルが多く発生しています。そして、それらを紐解くと、実はLINEスタンプの使い方によってトラブルになっていることが多いということがわかっています。
コミュニケーションを円滑にするためのツールが逆にトラブルの元になるのは、ある種の皮肉のようにも感じるのですが、事実は事実です。
この記事では、トラブルを避けるためのすべをご紹介します。

スタンプを使いすぎだけは、絶対に注意

スタンプでのコミュニケーションは非常に便利ですが、使用のしすぎは注意が必要です。理由は単純に誤解をうむ可能性が非常にたかまるからです。たとえば、メールなどをする際に意図した内容と異なる内容で理解されていたり、冷たく感じられてしまったり、逆にうざったく感じられてしまった経験はないでしょうか?
多くの人が経験しているであろうこの減少は実は、対面でのコミュニケーションでないゆえに発生するものなのです。
人間の脳は、言語を理解する際に通常は、言葉だけでなく、相手の表情やしぐさから総合的に内容を判断します。しかし、メールなどでの文面ではそういった外部要因の判断基準がなく、誤った判断を脳がしづらいのです。
メールですらこういった形になるので、当然さらに言語がすくないLINEスタンプはさらなる誤解をうみやすくなります。
このような理由から、LINEスタンプの多様は相手に誤った理解をうむので、多用は避けるべきなのです。